ジュエリー販売

1/f に込めた想い

professional-shop-pic01

ショップ名は、人がやすらぎを感じるリズムには、繰り返しの中に揺らぎが存在するという1/f (えふぶんのいち)理論が元になっています。

こころを柔らかくしてくれるものに存在する1/f のリズムは、聞こえるものだけでなく、見られるもの、感じられるものすべてに存在します。 例えば、よせては返す優しい波、爽やかなそよ風、木目、自然の木々の葉や花の姿など。

私たちは、ジュエリー、接客、Webサイトなどの媒体などあらゆるものを通じて、お客様と“1/f ”を共有したいと考えています。 それは新しい、そして、永遠の家族に成るお二人のスタートに相応しい“リズム”です。

そんな想いと願いを込めて生まれたショップ名です。

ジュエリーコーディネーター

professional-shop-pic02

オリジナル性豊かなジュエリーを自社で制作し、販売している当社の直営ショップ“1/f ”で接客して頂きます。

仕入れたものや自社制作した展示品をそのまま売るショップでは有りません。

お客様の想いを形にするために、しっかりとご希望を聞かせて頂き、提案して、1/f だけのジュエリーを、お二人だけのジュエリーにコーディネートするお仕事です。

「記念日をたくみと想いで創る」という私たちの経営Visionを胸に、お客様の最高の笑顔を生み出して下さい。

だから、「販売職」ではなく、「ジュエリーコーディネーター」と言う言葉がぴったりの仕事なのです。

※ジュエリーを学校等で習うのではなく、収入を得ながら知識を得たい人にも最適です。
※当社でジュエリーコーディネーターとして勤続1年以上になると、(社)ジュエリー協会公認ジュエリーコーディネーター 検定資格も会社が費用負担して取得できる制度が有ります!
※第2新卒者も歓迎します。
※立ったままの接客ではありません。接客・待機時間の約70%は着席して行います。
※ノルマは一切無く、スタッフ間、店舗間の競争もありません。 スタッフ間、店舗間は協力し合い成果を生むことを目指しています。

ショップリスト

1/f 上野本店

上野駅からほんの数分ですが、喧騒から逃れるような住宅街が現れます。
1/f 上野本店はそんな便利で静かな場所にあります。

住所


大きな地図で見る

東京都台東区東上野3丁目25番6号
ING MILLENNIUM 1F

professional-shop-pic03

professional-shop-pic04

1/f GINZA CAVE

GINZA CAVEのある、銀座1-8-1 この素敵な住所は、カップルから『祝いの地』として人気です。

“『東京の中央の銀座で祝い』の指輪からスタートする新しい家族”をイメージできるからです。

1/f Ginza Animal Planet

動物をモチーフにしたジュエリーに特化したジュエリーショップです。 1/f Ginza Animal Planetの目的は『地球貢献』。

この明確で、これまでにないコンセプトの元、ジュエリーの販売を通して、自然環境への関心を広げ、深めていきます。

そのために、商品だけでなく、その取り組み・存在自体が社会から注目されるショップを目指します。

また、以下を明確な行動基準としています。

  1. 1) 売上の1%を自然環境回復のために活動する団体に寄付する。
  2. 2)寄付によって得られた自然環境改善の成果を1/f Ginza Animal Planet専用Webサイトページ上で『見える』化する。

住所


大きな地図で見る

東京都中央区銀座1-8-1銀座池田園ビル
B1F(1/f GINZA CAVE)
8F(1/f Ginza Animal Planet)

professional-shop-pic07
1/f GINZA CAVE

professional-shop-pic08
1/f Ginza Animal Planet

リングバー誕生秘話

professional-shop-pic10

professional-shop-pic11.fw

リングバーは、1/f が創造した、リング選びのための新しい展示スペース。お店のスタッフに都度依頼することなく、ご自身のペースで自由に指輪を試着して頂けます。
このリングバーは、1/f オーナーの自身の体験から誕生しました。

自身でリングを選ぼうとした際、「店員さんは何を考えているのかなあ」「早く選ばないと」そんなことが時々気になりました。大切な人との誓いの象徴として選ぶ1本の指輪が、落ち着いた気持ちで、楽しんで選べないのは、なんとも残念だったのです。

そういう想いがあったオーナーが、イタリアで出会ったのが、ワイヤーを使ったリングスタンド。

「これは、面白い!でも、この小さいスタンドだと複数の人が試すのは無理だ…そうだ、これをバーカウンターのようにしたら、複数のカップルでも楽しんで、じっくり選んで頂ける!!」

試行錯誤の上、リングを選ぶ人の気持ちを大切にした展示スペース“リングバー”が誕生したのです。

ジュエリーの企画・デザイン・生産